患者様への思いやりと、安心できる高度な医療


  

HOME > 診療ご案内 > 透析医療

医師・看護師・看護助手・臨床工学士・クラークによるチーム医療と充実した設備で、質の高い透析療法と日常生活支援を目指しています。

はじめに

当院は長年、透析医療に取り組んで参りました。外来では、日本透析医学会指導医ならびに専門医、日本腎臓学会指導医による、腎不全専門外来を設けています。ここで適切な診断・治療を行うことにより、透析導入をできる限り防ぐことを目標の一つとします(保存期の治療)。しかし病状が進行した場合は、適切なタイミングで腎代替療法(腎臓の働きの代わりをする治療)を開始しなくてはならない事があります。現在の医療ではにおける腎代替療法は、腎移植・血液透析療法・腹膜透析療法があります。腎移植を希望される患者さまには、適切な医療機関をご紹介いたします。当院では、血液透析療法・腹膜透析療法の導入(治療開始の為の準備を含む一連の医療)と、維持療法(続けて治療を行っていくこと)を行っています。患者さまのご病状にあわせ、外来透析あるいは入院透析を行います。高度に清浄化した透析液を用いたオンラインHDFや、その他の血液浄化療法に対応しています。

ご自宅からの送迎について

独力の通院が困難で送迎を希望される方は、スタッフにお申し出ください。
送迎ルートは、当院で患者様のご病状や住所などに配慮して計画させていただきます。時間帯・送迎順序につきましては、ご協力をお願い申し上げます。

お願い

透析センター内は公共の場です。患者さま・スタッフ共に協力し合い、より良い施設にしていきたいと考えています。ご協力の程よろしくお願いいたします。