ブログ投稿
  • 医療とブロックチェーン - 仮想通貨の根幹を為す技術がブロックチェーンですが、この技術は現在医療分野にも転用され始めています。電子カルテが一般化した現在、患者のデジタル化された個人情報を守る必要が出てきたからです。ブロックチェーンの技術が導入されれば、たとえ電子カルテが何者かに改ざんされてもすぐに発覚しますし、実際海外のエストニアではブロックチェーン技術による医療データ管理をを始めています。 ブロックチェーンの安全性 ブロックチェーン技術が安全であるという証明は、既にそれを利用している業界によって為されています。先鞭をつけたのはオンラインカジノ業界で、インターカジノ 評判を見ても分かる通り、今ではむしろ仮想通貨が利用できないサイトは安全性の面で評価が下がるほどなのです。
  • 国民健康保険 - 日本のユニバーサルヘルスケア制度(国民皆保険制度)の中核を為すものが、この国民健康保険です。ユニバーサルヘルスケア制度を敷くということは、法で強制的に加入を強いるということになります。つまり被用者保険加入者以外は、全ての国民がこの国民健康保険に加入しなければならない、ということです。国民健康保険の実際の運営は主に市町村がおこない、また75歳に達した国民は自動的に国民健康保険から脱退となり、後期高齢者医療制度という別の制度へ移行となります。 国民健康保険法 国民健康保険の法的根拠となっているのが、この国民健康保険法です。この法律はもともと昭和13年に制定され、健康保険法の対象外だった農民層の救済を目的としたものでしたが、昭和33年国民皆保険制度へ移行するにあたり全面改正され、翌年改めて施行されました。
  • 後期高齢者医療制度 - 高齢化社会へ邁進する日本において、その高齢者にかかる医療費の増大は政府にとって喫緊の課題でした。つまり、日本の国民皆保険という制度を持続可能なものとするために、医療保険制度の抜本的な改革をおこなう必要があったのです。そして2008年に施行された「高齢者の医療の確保に関する法律」によって、いわゆる後期高齢者医療制度が始まりました。 後期高齢者への負担を増やし、国民全体が公平となる制度 後期高齢者医療制度では、75歳以上の高齢者であっても、一定以上の所得のある方については、医療費の窓口負担割合を2割にするという制度です。つまり、収入の増えない現役世代の負担を抑え、全ての世代でなるべく公平に医療費を負担しましょう、という制度です。しかし、この制度にはまだ欠陥があると考える人も多く、その論議がコロナ禍によって頓挫している状態なのが残念です。
  • 日本の介護 - 所得が少ない若い世代が増え、お金を稼ぐために働き続ける必要がある現在、もし親の介護が必要となった場合でも、やはり介護施設に預けることが有力な選択肢となることでしょう。しかし、現在の日本の介護状況は問題を多く抱えていて、多くの関係者がストレスを抱えてしまっています。何故日本の介護は機能してないのでしょうか?この記事では、日本の介護の問題点をあげ、問題提起をおこなっていきます。 介護における問題点 介護難民:これは介護が必要な状況なのに、適切な介護サービスを受けることができない方々のことです。介護難民が増える理由は、介護に携わる仕事に就く方が少ないことです。介護従事者の待遇改善は、喫緊の課題といえます。 高齢者への虐待:これは老人ホームのような閉鎖空間で、度々問題となっています。その理由は様々ですが、現代社会を作り上げた先人に対する敬意が欠けていることが根本的な原因だと思われます。
  • 被用者保険 - 被用者保険とは、会社員といった被雇用者が加入する健康保険のことです。国民健康保険と対を為す、日本のユニバーサルヘルスケア制度(国民皆保険制度)の中核といえるもので、様々な分類の被用者保険が存在しています。被用者保険の特徴としては、加入者の被扶養者のうちで、保険料負担ができない者も、一定の条件もとではありますが保険料負担なしに保証を受けることができる、という点があげられます。 被用者保険の分類 政府管掌健康保険(全国健康保険協会鑑賞健康保険):中小企業の従業員とその家族が対象で、運営は全国健康保険協会になります。 組合管掌健康保険:健康保険組合に加入している企業の従業員とその家族が対象で、運営は各健康保険組合です。 共済組合:公務員、私立の教職員、日本郵政グループの社員、独立行政法人の職員とその家族が対象です。運営は、各共済組合です。 船員保険:船員とその家族が対象で、運営は厚生労働省です。

おすすめの投稿

医療とブロックチェーン

国民健康保険

後期高齢者医療制度

日本の介護

被用者保険

保険制度

[ View All ]

医療とブロックチェーン

仮想通貨の根幹を為す技術がブロックチェーンですが、この技術は現在医療分野にも転用され始めています。電子カルテが一般化した現在、患者のデジタル...

国民健康保険

日本のユニバーサルヘルスケア制度(国民皆保険制度)の中核を為すものが、この国民健康保険です。ユニバーサルヘルスケア制度を敷くということは、法...

後期高齢者医療制度

高齢化社会へ邁進する日本において、その高齢者にかかる医療費の増大は政府にとって喫緊の課題でした。つまり、日本の国民皆保険という制度を持続可能...

被用者保険

被用者保険とは、会社員といった被雇用者が加入する健康保険のことです。国民健康保険と対を為す、日本のユニバーサルヘルスケア制度(国民皆保険制度...

治療とサービス

[ View All ]

後期高齢者医療制度

高齢化社会へ邁進する日本において、その高齢者にかかる医療費の増大は政府にとって喫緊の課題でした。つまり、日本の国民皆保険という制度を持続可能...

日本の介護

所得が少ない若い世代が増え、お金を稼ぐために働き続ける必要がある現在、もし親の介護が必要となった場合でも、やはり介護施設に預けることが有力な...

人気の投稿

医療とブロックチェーン

医療とブロックチェーン

仮想通貨の根幹を為す技術がブロックチェーンですが、この技術は現在医療分野にも転用され始めています。電子カルテが一般化した現在、患者のデジタル化された個人情報を守る必要が出てきたからです。ブロックチェーンの技術が導入されれば、たとえ電子カルテが何者かに改ざんされてもすぐに発覚しますし、実際海外のエストニアではブロックチェーン技術による医療データ管理をを始めています。 ブロックチェーンの安全性 ブロックチェーン技術が安全であるという証明は、既にそれを利用している業界によって為されています。先鞭をつけたのはオンラインカジノ業界で、インターカジノ 評判を見ても分かる通り、今ではむしろ仮想通貨が利用できないサイトは安全性の面で評価が下がるほどなのです。
国民健康保険

国民健康保険

日本のユニバーサルヘルスケア制度(国民皆保険制度)の中核を為すものが、この国民健康保険です。ユニバーサルヘルスケア制度を敷くということは、法で強制的に加入を強いるということになります。つまり被用者保険加入者以外は、全ての国民がこの国民健康保険に加入しなければならない、ということです。国民健康保険の実際の運営は主に市町村がおこない、また75歳に達した国民は自動的に国民健康保険から脱退となり、後期高齢者医療制度という別の制度へ移行となります。 国民健康保険法 国民健康保険の法的根拠となっているのが、この国民健康保険法です。この法律はもともと昭和13年に制定され、健康保険法の対象外だった農民層の救済を目的としたものでしたが、昭和33年国民皆保険制度へ移行するにあたり全面改正され、翌年改めて施行されました。
後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度

高齢化社会へ邁進する日本において、その高齢者にかかる医療費の増大は政府にとって喫緊の課題でした。つまり、日本の国民皆保険という制度を持続可能なものとするために、医療保険制度の抜本的な改革をおこなう必要があったのです。そして2008年に施行された「高齢者の医療の確保に関する法律」によって、いわゆる後期高齢者医療制度が始まりました。 後期高齢者への負担を増やし、国民全体が公平となる制度 後期高齢者医療制度では、75歳以上の高齢者であっても、一定以上の所得のある方については、医療費の窓口負担割合を2割にするという制度です。つまり、収入の増えない現役世代の負担を抑え、全ての世代でなるべく公平に医療費を負担しましょう、という制度です。しかし、この制度にはまだ欠陥があると考える人も多く、その論議がコロナ禍によって頓挫している状態なのが残念です。